各プログラム参加にあたって

1 注意事項
フィンドホーン財団では、最善の努力を尽くしてプログラムを企画しておりますが、下記についての責任は取りかねます。
•低参加者人数、天候、各種工事または"神の業・自然"によるキャンセル
•各参加者の医療・精神病療的状況
•貴重品の損害損失など

また、旅行中の万が一を期して(病気・飛行機変更・キャンセルなど)個人で旅行保険をご用意されることをお勧めします。

2 フィンドホーン財団では温泉治癒・看護などのケア・食事療法等を提供していません。
あくまでもヒーリング/セラピーセンターやリトリートセンターではないことをご理解下さい。

3 旅において、そして滞在中の身体的・精神的な自己管理を各自にお願いします。

4 到着・出発時間に間に合うように、余裕を持って旅程をたてて下さい。
1週間のワークショップ、特に体験週間はスケジュール的に濃い内容です。こちらでは、全てのセッションに参加することをお願いしますので、事前に体調を整えて参加に望むことをおすすめします。
なお、スケジュールは現地でのお楽しみということで、前もって細かくお知らせしませんので、ご了承ください。

5 滞在施設
基本的に宿泊の際は、ベッドルーム(2〰5人部屋)、そしてバスルーム・トイレも共用です。なお、料金にはタオル、シーツ、石鹸、うがい用のコップ、そして食事(菜食;ベジタリアン)が含まれています。お茶や飲み物はノンカフェインのものやハーブティーも含めて用意してあります。シャンプーやヘアドライヤーなどはありません。またホテルではないのでモーニングコールやルームサービスは無いことをご了承ください。

シングルルーム(一人部屋)は追加料金になりますが可能です。こちらは宿泊人数により可能でない時もありますのでご了承下さい。
クルーニーとザ・パークでは施設に違いがありますが、全施設は禁煙で、コインランドリー施設(洗濯石鹸は日本のもので大丈夫です)、公衆電話があります。オーガニックの食材やギフトなどが購入できるショップがパークのみにあります。歯みがき粉やおやつ等必要なものは持参されることをお勧めします。

各お部屋には給湯器はありません。

インターネットアクセスはクルーニーでは可能です。ザ・パークでは無線LANサービスのみで、PCが必要です。両サイトにはホットスポットがあります。

6必需品
天候が変わりやすいので、防水・防風ジャケット(もしくは雨カッパ)や暖かい服、そして歩きやすい安定した靴(自然散策に出かけます)を、四季を通じて持参されることをお勧めします。室内用シューズ/スリッパもあると便利です。
ちなみに冬の気温は東京と同じ程度。日本の東京用の冬支度があればフィンドホーンでの冬も大丈夫です。手袋と帽子は寒い時期には持ってくると良いです。
気候の方は変化の激しいスコティッシュ・ウェザーですので、1日に晴れ、曇り、雨をすべて体験することもしばしば。日本より暖かい時もあれば、寒い時もありです。ただし、ワークショップはほとんど室内で行われ(自然散策や外で活動する場合などを除いて)、暖房が効いています。
服装は動きやすい服がお勧めです。気楽な格好(普通の服装)でたいていの人はここでの滞在を過ごしています。
また、旅は「荷軽だと楽」ということを忘れずに。
軽めに持ってきておいた方が、帰りに荷物が重くなっても心にも余裕ができるようです。参考までにどうぞ。
また、こちらにはまだ使える服・モノをリサイクルする場所「ブティック」と呼ばれているところが、クルーニー・ヒル、ザ・パークの両サイトにあります。サイズが合えば使える服などが見つかるかも知れません。そして、不要になった服・モノ(洗濯済みで質のよいものに限る)をここに置いていくこ ともできます。旅を身軽にする情報の一つとしてどうぞ。

7*英国入国及びビザについての重要なお知らせ
日本国民で英国での学生/就労/ワーキングホリデイビザをお持ちでない方は、こちらを良くお読みください。
滞在期間、フィンドホーン滞在以外での渡航目的により必要なビザは違いますので、ご自分で責任を持ってビザの手配をしてください。
体験週間の参加のみの場合は通常のツーリストビザで入国します。このプログラムには勉学/就労(ボランティアを含む)は含まれません。入国の際、係員に「Sightseeing (サイトシーイング=観光目的)」と滞在日数をお伝えください。又、下記の書類を用意しておく事をお勧めします。

  • 帰りの航空券
  • 銀行の預金残高証明(英国滞在中に働く必要がない事を証明するため)
  • コンファメーション・レター(英語版 2ページ)

万が一、入国拒否された場合は緊急連絡先 (+44 7838 564395) へ速やかにご連絡ください。この番号は入国拒否時の専用のものですので、その他のご用件はこのページ中程の連絡先をお使いください。

英入国管理局の方針はしばしば変更されますので出発前にご自分で必ず確認ください。www.gov.uk

8その他
(金曜日夜の特別ディナー)
プログラム最終日の金曜の夕食は、最後の夕食ということで、少しおしゃれをして食事に来る人がプログラム参加者の中でも、コミュニティの中でもいます(もちろん普段着で特別にしなくてもOK)。最後の夕食ですが、お酒を売るライセンスが施設に無いので、ワインやビール、もしくはジュースなど持参するか調達されるのを好まれるグループ/方もいます。

(お風呂)
日本のお風呂と違い、お風呂の中で身体を洗って浸かるという形式なので、人によっては洗面器を持ってくる人もいます。

(ワークショップのページへ戻る)ワークショップ
(メインページへ戻る)フィンドホーンの日本語ホームページへ