Longterm Stays – 次の順で進んでいくことができます

1. Experience Week(1週間)または English in Community(4週間)
2. Being In Community または Spiritual Practice(1週間)
3. Living In Community (最低1ヶ月、4週間単位)
4. Spiritual Deepening(3ヶ月)
5. The Living Essentials Apprentice Programme

くわしくはホームページを御覧になり、各担当に直接英語でご連絡ください。

※日本人のようなEU圏外のパスポート所持者は、観光ビザで最長6ヶ月の滞在が可能です。ちなみに、入国管理法により、観光ビザでは、就労はできないことになっていますが、プログラム参加内での奉仕活動参加及び30日以内のボランティアは可能。財団内でのボランティアは、体験週間またはイングリッシュインコミュニティに参加したことがある方に限ります。それらのプログラムに未参加の方は、1日単位で参加できる、ショートタームゲストプログラムをお勧めします。

(メインページへ戻る)フィンドホーンの日本語ホームページへ